メキシコのチアシード3

古代アステカ王国では、どういう方法でチアを栽培していたのでしょうか?

アステカ人は、農業をかなりのレベルに発達させていました。その一つの例が、チナンパと呼ばれる独特の栽培システムです。これにより、トルテカ族などの祖先に学んだことを利用し、ぬかるみの土地をしっかりとした耕地に変えることができました。

チナンパとは、樹皮を編んで、非常に大きなじゅうたんのようなものを作り、これを杭で湖に打ちつけ、その上に土をかぶせて作った人工島のようなものです。

ここで、アマランサス、ポロト、チア、トウモロコシなどが栽培されました。

ふくらむ魔法の種 チアシードはこちら