チアシードの効果1

チアを家畜の飼料に加えると、家畜の肉に含まれる飽和脂肪酸の含有量を大幅に
(30.6%)減少させることができます。

魚や海草、または亜麻子を飼料として与えた時に比べると、非常に大きな効果があります。飽和脂肪酸に含まれるLDL(低密度リポたんぱく質=悪玉コレステロール)は、善玉コレステロールよりも強いため飽和脂肪酸の摂取量が増えると心臓病になる危険性があるので、チアの飽和脂肪酸の含有量を減らす効果には期待されています。

この点でも、他のオメガ3脂肪酸源よりもチアが優れていることには注目すべきです。

また、家畜の飼料にチアを加えることにより、オメガ3脂肪酸を多く含む卵や鶏肉、牛肉、ハム、ミルク、チーズなどを生産することができます。

チアは、たんぱく質、ミネラル、ビタミンBを豊富に含み、飼料として与えるのも簡単である上に、人にも動物にも安全な食品です。

チアの他に、αリノレン酸を多く含む作物としては亜麻があります。オメガ3脂肪酸を強化剤として亜麻子を使用しようと、様々な試みがされてきましたが、亜麻子には、ヒトや動物の健康に対し否定的な効果をもつ、非栄養的要素があることが分かっています。

食品に亜麻を安全に使用するには、亜麻子を解毒する必要があり、解毒を効果的に行うには、溶剤を使わなければならず、しかも、完全に解毒できないという問題があります。

亜麻は、コーティング、床にかぶせるシート、塗料、ニスなど主に工業製品に使用されています。

ふくらむ魔法の種 チアシードはこちら