チアシードの効果(飼料としてのチア)

チアエッグとは、チアを与えた雌鳥が生んだ卵のこと。

チアを飼料として与えた雌鳥の卵には、母乳と同等の比率で、αリノレン脂肪酸とDHAが含まれています。

飼料に大量のチアを混ぜると、αリノレン酸の延長と脱飽和を遅らせ、非常に不安定な脂肪酸であるDHAの含有量を維持することができます。そのため、雌鳥の飼料にオメガ3脂肪酸を過度に混ぜると、αリノレン脂肪酸として蓄えられる。さらに、チアに含まれるフォラボノールと桂皮の合成物により、DHAを大量に含む卵よりも、酸化に強く非常に安定した鶏卵を作り出すことができます。

ふくらむ魔法の種 チアシードはこちら